2009年05月26日

自己破産手続きのデメリット

自己破産とは、借金の返済が不可能と判断されて帳消しになる制度です。

自分で作ってしまった借金を払わなくて済むわけですから、ある意味債務者にとってはかなり都合の良い制度とも言えるでしょう。

しかし、当然ですが、もちろんただで借金が全て無くなるわけではありません。
自己破産する場合、自己破産を行うことによるデメリットもいろいろ発生します。もしデメリットが何も無ければ、そもそもお金を簡単に借りられるキャッシングなどという制度そのものが成立しないでしょう。
簡単に借りて簡単に踏み倒せるなんて・・・。

財産の処分、これが自己破産のデメリットとして最初に挙げらます。

財産があれば、それを借金の返済にあてるのは妥当であり当然なことです。
ただ、例を挙げると、マイホームなどは他の方法で借金を整理する場合は手放さなくてよいケースもあります。
そういった意味では、これは自己破産独特のデメリットと言えるでしょう。

次のデメリットは、ブラックリストに載ってしまうと言うことです。

ブラックリストに一度載ってしまうと、それ以降5〜10年の間はクレジットカードの使用ができなくなったりローンを組むこともできなくなります。
ローンを組むことができないということは、車や家などのような大きな買い物が難しくなるということですが、そもそも借金を返すお金が無くて自己破産をしてお金が無いわけですから、これはそんなにデメリットにはならないかも知れません。

では一番のデメリットとは何でしょうか。

それは、保証人になってもらった方に迷惑がかかってしまうという点です。
というのも、自己破産が成立して免責を認められた場合でも、もししその借金に保証人がついていたら支払いの義務が今度は保証人に発生してしまうのです。

借金は消えるものではありません。
自己破産と免責が成立した場合、借金の債務者が支払う必要がなくなるというだけです。
もし連帯保証人などがいれば、支払いの請求が次はそちらにいくでしょう。
これが自己破産の最も厳しいところです。
posted by 物知り博士 at 11:00| 自己破産のメリット・デメリツト