2009年03月26日

自己破産にならないために借金を把握

自己破産するまで追い込まれてしまう人のほとんどが、最初から借金をしてる自覚が無かったり現実から目を背けていることが多く、現実逃避している人が多いでしょう。

このような人が自己破産をしてしまうという事例が非常に多く見受けられます。ただ、そのような人の中でも、きちんと現実と向き合うことができれば自己破産せずにきちんと返済ができたかも知れない、もしくは自己破産とは違う方法があったかも知れないというケースは多いでしょう。

堅実から逃げたりせず、自己破産を安易に考えず、よく考えて最良の道を選択しましょう。
そのためにも、まずは自分の置かれている現状や立場の把握をしっかりとする必要があります。
それはつまり、自分が今抱えてしまっている借金の明確な金額の把握です。

消費者金融から借金している場合、自分の借金の額を正確に知るために一番手っ取り早いのがインターネットを利用することです。
借りている消費者金融のホームページの中で、該当するページを探してみましょう。

返済額の詳細などのような項目があると思うので、すぐに見つけられると思います。
それでも難しい場合は、メールでの問い合わせをしてみたり、Q&Aコーナーで確認してみましょう。

インターネットを使わない時は、ATMや直接窓口にて金額を確認することになります。
残高証明に記されているので発行してもらいましょう。

自分の正確な借金総額が確認できたら、次にすべきことはそのデータのリスト化です。
自分が一体今現在どこの会社からどれだけを借金しているか、そしてその会社の金利など、自分でしっかりと記していきましょう。

こうすることによって、自分がどの位の借金をしているかきっちり自覚することができます。
同時に、返済額も記してみるといいでしょう。
これによって、自分は今後どうすべきなのかを大まかでも見極めることができます。

借金を把握することは、最初の大きな第一歩なのです。
posted by 物知り博士 at 12:00| 自己破産と借金整理