2009年03月27日

自己破産手続きは落ち着いて

さて、どうしても仕方のない状況で借金をしなければならない事態に陥ってしまったとしましょう。

そんな時は、どんなに頑張って努力をしてみてもどうにもできない時もあります。
やむを得なく借金をしてしまうことも、返済できなくなることもそうですが、必ずしもその原因が自分の無力さや意思の弱さのせいとも限りません。中には、自分に非が無いのに借金を背負ってしまう状態に巻き込まれることはあります。
そのケースで最も多いのは、連帯保証人ですね。
このような連帯保証人制度があるせいで、日々真面目に過ごしている人でも自己破産に追い込まれてしまう場合が結構あるのです。

そうなってしまった時は、まず一番必要なのは、気持ちを落ち着かせてきちんと整理することです。
突然のことでパニック状態になっていては、その後の手続きすらきちんとできなくなるので、まずは落ち着いてしっかりと自分のおかれた状況や立場を把握することが一番大事です。

借金を作った状態での一番の愚行は、今ある借金を返済する目的で新たに他の業者から借金をしてしまうことです。
ちゃんとしている会社ですと、多重債務で借金まみれ状態の人にはお金を貸しません。

そのような状況でも借金が可能という場合は、それはほぼ間違いなくヤミ金融だと考えてよいでしょう。
そうなるとますます返済どころでは無くなり、結果的に自己破産に追い込まれることになるでしょう。

実際に自己破産に追い込まれてしまったら、一番必要なのは覚悟です。

自己破産の手続きには時間や手間がかなりかかる上、もし認定されたとしてもその後必ず幸せになれるとも限らず、そう簡単なものではないのです。
それでも、自分には自己破産するほか選択肢が何も無いという場合は、その後自分がどのような状況に陥ったとしてもしっかりと生きていくことを覚悟しなければならないでしょう。
posted by 物知り博士 at 12:00| 自己破産手続方法