2009年03月19日

破産手続と免責手続

自己破産を申し立てする前に、知識として認識しておかなければならないのが、破産手続と免責手続です。

自己破産を行う時、この2つの手続き一番最初に行うことになります。
この2つは一体化されているものでは、別々に手続きを行う必要があります。続きを読む
posted by 物知り博士 at 12:00| 破産と免責

2009年03月18日

破産・免責申請の不許可

自己破産を行うには、まず必要なのが破産手続と免責手続です。
申し立てをしても、状況によっては受理されない場合もありますが、それは一体どのような状況の場合なのでしょうか。

まずは破産手続からです。

自己破産における破産の申し立ては、第1段階と言えます。
これが認められなければ次に進めません。続きを読む
posted by 物知り博士 at 12:00| 破産と免責

2009年03月08日

免責許可決定される場合

免責を申し立てした後に審理が終わると、債務者に対して結果が通告されます。
もし、審理の結果特に問題ないと判断が下された場合、そこで初めて免責が成立します。

しかし、この時点でもまだ確定したわけではありません。
それは何故かと言うと、免責許可決定がされた後、債権者には高等裁判所に対して2週間以内に不服申し立てを行う権利があります。
つまり、控訴に近いイメージです。続きを読む
posted by 物知り博士 at 12:00| 破産と免責

2009年03月07日

自己破産免責の不許可

自己破産を申し立てしたけれど成立しないというケースも、決して少なくはありません。
では、免責申し立てが不許可となって自己破産できない状態になった場合には、どうすればよいのでしょうか。

まず、免責不許可の事項に当たってしまったとしても、裁量免責によって免責が通ることはあります。
弁護士の方に事前に相談すると、ここまできちんと判断基準が確立した状態ということなので、自己破産できるかどうかは相談した時点でわかります。続きを読む
posted by 物知り博士 at 12:00| 破産と免責