2009年03月12日

財産がない時の自己破産手続き

自己破産を申し立てたうちの実に9割もの人が、財産の無い状態だと言われています。

実際、財産を所持しているのならその時点で換金して借金返済にあてるべきというのが通念としてあるので、現実的にそのように要求されることもあるでしょう。続きを読む
posted by 物知り博士 at 12:00| 自己破産手続方法

2009年03月11日

財産がある時の自己破産手続き

自己破産をした人の中には、割合としては1割程度ですが財産を所持している人がいます。
このように財産があった場合は、管財人による管財事件として扱われます。

つまり、これから所持している財産をきちんと分配する為の手続が行われていくわけです。
とは言うものの、個人で財産を所持しているケースはほとんど無く、もし財産があったとしても極めて小額でしょうから、管財事件の中でも少額管財事件の取り扱いになるようです。続きを読む
posted by 物知り博士 at 12:00| 自己破産手続方法

2009年03月10日

破産管財事件になった場合

管財事件としての取り扱いが決定した場合、まず最初に管財人となる弁護士が選定されます。
そしてその管財人の裁量によって、債務者が所持している財産が換価・分配されます。

ただ、全て管財人が自分で決めるということではありません。
当然ながら、債権者も何か言いたいことがあるでしょう。続きを読む
posted by 物知り博士 at 12:00| 自己破産手続方法

2009年03月09日

免責決定の審理

管理事件や同時廃止事件のどちらの場合でも、これらが終結すると破産手続の開始決定がひとまず一段落したことになります。
しかし、自己破産の成立にはまだ至っていません。

自己破産を成立させるためには、免責の審理が行われて免責が成立することが必要となるからです。続きを読む
posted by 物知り博士 at 12:00| 自己破産について

2009年03月08日

免責許可決定される場合

免責を申し立てした後に審理が終わると、債務者に対して結果が通告されます。
もし、審理の結果特に問題ないと判断が下された場合、そこで初めて免責が成立します。

しかし、この時点でもまだ確定したわけではありません。
それは何故かと言うと、免責許可決定がされた後、債権者には高等裁判所に対して2週間以内に不服申し立てを行う権利があります。
つまり、控訴に近いイメージです。続きを読む
posted by 物知り博士 at 12:00| 破産と免責

2009年03月07日

自己破産免責の不許可

自己破産を申し立てしたけれど成立しないというケースも、決して少なくはありません。
では、免責申し立てが不許可となって自己破産できない状態になった場合には、どうすればよいのでしょうか。

まず、免責不許可の事項に当たってしまったとしても、裁量免責によって免責が通ることはあります。
弁護士の方に事前に相談すると、ここまできちんと判断基準が確立した状態ということなので、自己破産できるかどうかは相談した時点でわかります。続きを読む
posted by 物知り博士 at 12:00| 破産と免責

2009年03月06日

自己破産手続きに必要な費用

自己破産を申し立てする場合、基本的には債務者になる人は限りなく一文無しの状態に近いということが多いはずです。
そうでなければ、そもそも自己破産などすることもないのですから。

ただ、それとこれとは別というような感じで、自己破産をするにも費用が必要となります。

では、具体的にどの位の費用が必要となるのでしょうか。続きを読む
posted by 物知り博士 at 12:00| 自己破産について

2009年03月05日

自己破産者に向いてる人・状況

自己破産は誰でも行えますが、だからと言って誰もが行うべき行為ではありません。

むしろ、非常に追い込まれた状況でやむを得なく利用する人が多い制度です。
そのような自己破産をしようとした時、向き不向きがあります。
それは、その人の状況などによって決まってくるでしょう。

性格や人格の問題で、自己破産が向いているか向いていないかというものではありません。
状況や環境といったものが関係してきます。続きを読む
posted by 物知り博士 at 12:00| 自己破産について

2009年03月04日

自己破産後の噂話

自己破産の申し立てをして成立した場合、借金の債務者の支払い義務は無くなります。

そのため、その段階で普通は借金から解放されるということになります。
ですが多くの方が、本人に取り立てられなくなったから親兄弟、あるいは親戚へ取り立てに行く、などというイメージを持っているようです。続きを読む
posted by 物知り博士 at 09:00| 自己破産のメリット・デメリツト

2009年03月03日

自己破産手続きに関する疑問

自己破産をすると決まった時、疑問に思うことはいろいろとあると思います。

その中でも特に多い疑問点が、自己破産をするためにはどの程度の借金額が必要となるのか、目安はどのくらいなのか、ということでしょう。
実際に、自己破産申請をしたいが、借金額がそれほど多くなく微妙なために申請に踏み切れないという人も少なくないようです。続きを読む
posted by 物知り博士 at 21:00| 自己破産のメリット・デメリツト